アフターピルの効果と副作用

アフターピルの効果と副作用

アフターピルとは性行為に失敗した、望まない性行為をされた時などに、72時間以内に服用すれば妊娠を回避できる緊急避妊薬のことを言います。
婦人科へ受診すれば処方してもらえます。購入場所として海外から個人輸入という方法もありますが、海外では承認されているが日本では未認証の場合があったり手元に届くまでに時間がかかるのできちんと婦人科で処方してもらう方をおすすめします。
アフターピルが何故緊急避妊薬として効果を発揮するか。それは、アフターピルの中には大量の女性ホルモンを含みそれを体内に入れることで女性ホルモンを急激に増やし人工的に生理を起こさせることによって受精を防ぎ避妊に出来るというわけです。
72時間は目安なので早く飲めば飲むほど効果が高いと言われてますが、72時間後に服用したり飲んだ後に吐いてしまうと効果が薄れるので妊娠の可能性が高くなるので注意が必要です。

 

アフターピルがあるのだから性行為の時に避妊しなくても大丈夫と思うのは危険です。何故ならアフターピルには副作用があります。強制的に生理を起こさせるわけですから体に大きな負担がかかるのは当然のリスクです。副作用には、頭痛胸の張りから、吐き気や酷い場合は嘔吐することがあります。吐いてしまうと効果がないといわれているので追加して飲まなければなくなります。それにアフターピルも100%絶対という保証はないということも知っておかなければなりません。

 

アフターピルは望まない相手との性交渉や避妊していたのに失敗してしまったという時の処置として使うことが大前提の薬です。まだ妊娠をする気はないのならばパートナときちんと話してお互いの理解を深めておくことが大切です。

 

命が出来ることは奇跡です。現代は不妊症や不育症で悩んでいる方もいます。万が一まだ妊娠を希望していないのに命が宿りでも産む選択を選べない場合傷つくのは女性の方です。
自分を守るためにもこのような手段もあるということを知識として持っていると役立ちます。